審美歯科

銀歯を白い歯にしたい方へ

銀歯を白い歯にしたい方へ

銀歯は、色が目立つだけでなく、金属アレルギーやメタルタトゥー(歯肉への色素沈着)のリスクがある治療法です。

それだけに銀歯を装着した後、白い歯に取り換えたい、と希望される方は少なくありません。そこでおすすめしたいのがオールセラミックやジルコニアによる審美治療です。

天然歯のような美しい被せ物

オールセラミック

オールセラミック

オールセラミックは、歯科用陶材であるセラミックのみで構成された被せ物です。 天然歯の透明度や白さ、光沢などを忠実に再現することが可能です。材料的にも安定しているので、経年的な摩耗や変色が起こりにくいのが特徴です。いつまでも白くて美しい状態を保つことができます。ただし、陶器のお皿と同様、強い衝撃が加わると割れることがあります。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれる材料で、白くて美しいことに加え、極めて高い強度を誇ります。 奥歯など、強い力がかかる部分にも適応できます。オールセラミックと比較すると透明度がやや劣りますが、「強い衝撃が加わると割れやすい」というデメリットを解消することが可能です。

メタルフリー治療のメリット

メタルフリー治療のメリット

オールセラミックやジルコニアによるメタルフリー治療では、金属アレルギーのリスクがゼロなります。同時に、金属イオンが溶け出して歯茎に沈着する「メタルタトゥー」も起こらないことから、審美面および健康面においてメリットの大きい治療法といえます。金属アレルギーのリスクが心配な方にもおすすめできます。