マタニティ歯科

妊娠中は、身体にさまざまな変化が生じます。
それはお口の中も例外ではありません。妊娠中にかかりやすいお口や歯の病気も存在しています。

当院ではそんなお口のトラブルにお悩みの妊婦さんを対象としたマタニティ歯科を設けております。

妊娠中のお口の変化

マタニティ歯科

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが明らかに上昇します。

ひとつは、口腔内が乾燥しがちになるためです。
これは唾液分泌の低下による影響です。

また、つわりで歯磨きが疎かになったり、食習慣が乱れたりすることで、口腔内の衛生状態が保ちづらいこともあります。

さらに、女性ホルモンの乱れから、歯周病菌の活動も活発化します。
これは、代表的な女 性ホルモンである「エストロゲン」が大好物な歯周病菌がいるためです。

歯周病によるお腹の赤ちゃんへの悪影響

マタニティ歯科

妊娠性歯肉炎という病気があるように、妊婦さんは歯周病にかかりやすいです。

歯周病が重症化すると「早産・低体重児出産」のリスクが上昇するため要注意です。
これは歯周病菌や炎症性物質が血流に乗り、子宮まで到達することによって起こります。

できれば、妊娠を望んでいる女性の方は、普段から歯やお口のケアを行っておくことがいちばんです。

もしも、歯周病の症状が認められたら、適切な時期に当院までお越しくださ い。

妊娠中の歯科治療について

マタニティ歯科

妊婦さんが検診や歯科治療を受けるのであれば、妊娠中期が適切といえます。

比較的体調も安定しており、虫歯治療や歯周病治療を行っても問題ないケースがほとんどです。

歯科治療に伴う麻酔処置やレントゲン撮影なども、妊婦さんの身体に負担のない範囲で行いま すのでご安心ください。

お口の病気に関しては、例え妊娠中であっても治療を先延ばしにしない方が適切であるケースが多いです。まずはお気軽にご相談ください。